アートメイク

医療アートメイクとは

医師の管理下で行う「汗や洗顔でも落ちない、にじまない持続性のあるメイク」です。
当院では、トレーニングを積んだ経験豊富な専門のアートメイク技術者が、痛みのない施術を行います。安全な成分が含まれた薬剤を使用した、最新の米国式テクニックによる手法の、立体的かつ自然な仕上がりにビックリされる方も少なくありません。
アートメイクと気づかれないようなクオリティの高い技術を提供しています。

眉毛を1本1本描くことで、立体的で本物のような自然な仕上がり

こんな方に・・・

  • ・眉が薄く、毎日描くのが面倒。
  • ・左右バランスよく綺麗に描けない。
  • ・ダンスや汗をかくと眉が消えてなくなる。
  • ・温泉やサウナで眉が無くなり人相が変わる。
  • ・眉が太すぎてどう処理していいかわからない。
  • ・化粧に時間をかけたくない。

まつ毛の間を埋めるような繊細なナチュラルラインで目力アップの仕上がり

こんな方に・・・

  • ・アイラインが上手く描けない。
  • ・花粉症でアイラインをひく事ができない。
  • ・アイラインが滲んでパンダ目になる。
  • ・素顔になるとボヤけた印象の顔になる。
医療アートメイク料金表
部位 1回目 2回目以降
眉(麻酔代込) 両側 ¥90,000(税抜) ¥30,000(税抜)
アイライン
(麻酔代込)
¥80,000(税抜) ¥20,000(税抜)
¥80,000(税抜) ¥20,000(税抜)
※医療アートメイクの施術は2回~3回必要です。

当グループ院では美容に精通した医師主導のもと、
専門の医療スタッフがカウンセリング、施術、アフターケアまでを
しっかりサポートいたします。

沼尾真美 皮膚科医 二子玉川スキンクリニック院長
スキンコスメクリニックグループ美容皮膚科部長

アートメイクは医療行為です。現在ではクリニックにて必ず医療従事者によって施術をすることが義務づけられています。
当グループ院では、高度な技術を持った専門スタッフが、あなたに合った「ナチュラル美」を引き出す施術をご提案させていただきます。

森岡清美 専門看護師 医療アートメイク学会会員

アートメイクを入れることで顔のバランスが整いやすくなり、日常的にもメイク時間の短縮ができ、メイクの崩れなどの心配もありません。
施術を行ううえで重視しているのがカウンセリング。その方の骨格や表情など全体のバランスを分析し、ご要望に合わせたデザインもご提案させていただきます。
看護師という立場からは、患者様の美しさを引き出す美容医療との組み合わせなどのアドバイスも可能です。お気軽にご相談ください。


医療アートメイク認定資格取得

当クリニックでは、業界最大手の米国Bio-touch社の高い技術力と各機関が認証する安全な製品を使用しています。
世界40カ国以上のネットワークで常に最新の技術・製品開発に取り組み、日本国内はもとより世界中の多くの医療機関で同社の技術・製品は認められ導入されてます。


医療アートメイク学会

医療アートメイク学会とは、安全で美しいアートメイクを目指す、医師や看護師などの医療従事者によるアートメイクのネットワークです。

症例写真

アイライン

眉&アイライン

施術の流れ

当院では、医師による痛みの緩和や器具の滅菌消毒、及び全てのパーツを使い捨てにするなど徹底した衛生管理を行っています。信頼の技術力と経験豊富な医師・看護師があなたのQOL(Quality of Life)を高めるお手伝いを致します。

カウンセリング・デザイン
麻酔クリーム塗布
アートメイク施術
クールダウン

専用の細いニードルを使用するため、
痛みはほとんどありません

針、ニードルキャップなど
全て使い切り器具で
衛生面でも安心

ヨーロッパのCE安全基準をクリアし、米国FDA認可の安全な色素を使用

よくいただくご質問

痛みはありますか?

痛みは個人差があり、その日の体調などによっても感じ方が変わってきます。 当院では、主にクリーム麻酔を用いておりますが、カウンセリングにて適した麻酔方法を選択しております。 施術を進める際も、確認しながら無理なく進めて参りますのでご安心ください。

施術時間はどのくらいですか?

眉は20~30分、アイラインは上・下15~20分ずつ、リップは20~30分が施術時間の目安です。 この他に、診察、カウンセリング、クリーム麻酔(20分)がかかりますので、だいたい1時間~1時間半程度お時間をいただいております。

アートメイクは、刺青とは違いますか?

皮膚に色素を定着させるという点では、同じように思われがちですが、アートメイクは刺青と違い、皮膚のごく浅い部分に色素を入れるため、数ヶ月~数年単位で徐々に薄くなっていきます。 また、使用する染料によっても異なり、当院ではアメリカFDA(食品衛生管理局)、CE(ヨーロッパの安全規格)で認可されたものを使っているため安心です。

マジックで塗ったような黒い眉や青い不自然な眉をした人を見ますが、そうならないか不安です。

青黒い眉は、黒い染料を深く定着させたことにより、年数が経過しても薄くならないことが原因です。当院では、茶系だけでも12種類ある染料を、その方に合わせてブレンドして使用しています。 また、ベタ塗りにならず、自然な仕上がりになるよう、様々な手法を用いているため、ナチュラルに仕上げることができます。

どのくらい持ちますか?一生消えないのですか?

持続性は肌の新陳代謝・生活習慣・ご希望の色や濃さで個人差があるので、数ヶ月~数年単位の幅があります。 1度入れただけの場合と、2~3回に分けて色素を重ねて入れていく場合とで持ちも違ってきますが、1~2年経つと少しずづ退色していきます。 ただ、完全に消失してしまうということはなく、うっすらと残る程度から、退色したままで形がしっかり残る場合もあります。メンテナンス(修正)することで、退色した色は復元できますので、美しい状態を維持することは可能です。

アートメイクをするとMRIができないと聞いたことがありますが大丈夫ですか?

MRIで反応するといわれる酸化鉄の含有量は、ほんの微量であり、それにより検査に支障をきたすものではありませんが、アートメイクを入れてから1ヶ月以内にMRI検査をされた方が、施術部位が熱く感じたという報告を受けたことはあります。 しかし、その因果関係は実証されたものではありません。当院で使用していますカラーは、Bio-Touch社製です。 某大学病院でMRI実験もされており、安全性が学会などで紹介されています。 心配な方は、時期をずらして2ヶ月は間を置いて検査を受けることをおすすめしております。

感染症や病気、衛生上の問題がないか心配です。

お客様のお肌に触れるものは、全て使い捨てのものを使用しております。 当院のアートメイクは医師または、医師の指示のもと看護師が施術しています。 クリニック内の衛生操作、衛生管理は徹底して行っております。 また、間接的な感染などを防ぐために、高圧蒸気滅菌器や、医療用滅菌消毒液を採用し、消毒・殺菌処理したものを使用しておりますのでご安心ください。 また、使用済みの物は、医療廃棄物として処理されます。

カラーは、髪の色に合わせたり、好きな色を選ぶことはできますか?

茶系だけでも12種類あるため、組み合わせによりカラーバリエーションは豊富にあります。 髪の色はもちろん、瞳の色や仕上がりの濃さなどを考慮して、お客様と技術者が相談して決めていきます。

2~3回に分けて行うそうですが、それはなぜですか?

1回の施術だけでは、色素の定着にムラが出たり、左右のバランスが均等にとれなかったり、また薄い仕上がりで持ちがよくないこともあります。1回で濃く仕上げることもできますが、自然で美しい仕上がりにするためには、2~3回に分けて施術を行うことで3D効果が増し、分けて色素を重ねていくことで定着率がアップします。さらに、形や色の濃さを調整したり、左右のバランスを整えていくためにも、数回に分けて行うことが理想的です。

当日メイクはどうすればよいですか?

当日は、普段通りメイクでご来院ください。カウンセリングの参考にさせていただきます。 アイラインを施術される場合は、コンタクトをはずしての施術となります。眼鏡をお持ちの方はご持参ください。

施術後の注意点は?

施術箇所には感染防止のため3日~1週間程度、軟膏を塗っていただきます。 施術後、数日すると皮膚の表面が薄くむけて、1週間程度で色が定着します。 温泉、プール、サウナなどの公共施設のご利用は1週間避けてください。

2回目の施術は、いつが良いですか?

皮膚のターンオーバーを考えると、次回の施術は1ヶ月後をおすすめしております。 看護師より詳しく説明させていただきます。

施術後どれくらいでお化粧ができますか?

眉、アイライン共に翌日から通常通りのメイクができます。ただし、施術部位に刺激を与えたり、化粧品が直接触れないようご注意ください。 ご来院時、軟膏のお渡しと共に詳しく説明させていただきます。帰りに人目が気になるようでしたらサングラスか帽子をご持参されることをおすすめいたします。

アレルギーを持っていますが施術はできますか?

金属アレルギー・ゴムアレルギー・色素アレルギーなど、施術で使用する機器にアレルギー反応を示す心配がある方は、事前にパッチテストをおすすめしております。心配な方は、事前にお申し出ください。 なお、パッチテストは48時間後に判定するため、当日の施術はできませんので、ご注意ください。