はじめての方へ
診療内容
美容外科
埋没法・切開法
シルエットソフト(3D LIFT)
Gコグリフト
ウルトラVリフト
ビタミンVリフト
フェイスリフト
ワキガ・多汗症
美容皮膚科
ヒアルロン酸
ボトックス
水光注射
BNLS注射
メディカルスキンケア
毛孔性苔癬
臍帯血再生因子療法
フォトRF・MAX-QT
MAX-QT
CO2エスプリ
医療脱毛
形成外科
眼瞼下垂
その他
注射・点滴
 
 
 
HOME  診療内容  美容皮膚科 臍帯血再生因子療法
臍帯血再生因子療法
臍帯血再生因子療法
臍帯血再生因子療法 サイトカインブースター・ネオとは
 

臍帯血には「幹細胞」と呼ばれる、体の様々な種類の細胞のもととなる細胞が豊富に含まれています。サイトカインブースター・ネオは、ヒト幹細胞を培養した液から抽出した純度の高い再生因子製剤で、培養中に生成・分泌されるタンパク質が高濃度に含まれています。こうしたタンパク質は、肌細胞を生まれ変わらせる再生因子として働き、優れた創傷治癒効果や組織再生をもたらし、老化した肌細胞を若返らせます。

サイトカインブースター・ネオ(再生因子製剤)を皮膚に注入することで、細胞レベルの若返りと修復を行います。これによりコラーゲン(ハリ)やエラスチン(弾力)、ヒアルロン酸(潤い)の産生を増加させ、肌のハリや肌質改善、小ジワ、傷跡の修復、発毛効果などが期待できます。

臍帯血再生因子療法 
治療法
 
施術は「オスモインジェクター」という機器でスタンプするように浸透させます。これにより、ノーダウンタイムの効果的な治療が可能になりました。施術後すぐに効果が表れるものではありませんが、再生因子によって徐々に皮膚が再生され、新しい皮膚に生まれ変わっていることが実感できます。

オスモインジェクターは、薬剤を入れる容器と針が一体となった構造です。この容器に注入したい薬剤を入れて肌に押し付けることで、自動的に針先から薬剤が真皮層内に注入されます。針は0,6mm(40G)の極細針ですので、痛みはほとんどな気になりません。真皮層を貫く長さではないので、出血も最小限です。また、麻酔クリームを塗布後施術しますので、痛みに敏感な方も心配ありません。
臍帯血再生因子療法
臍帯血再生因子療法
臍帯血再生因子療法
アフターケア
施術後は施術部位のお肌が少し赤くなりますが、数時間で目立たなくなり、お化粧も可能です。肌の若返りの場合は3〜4週間の間隔を空けて4回の施術をおすすめしています。 毛髪再生の場合は8回の施術が目安となります。肌の状態を見ながら施術間隔と回数を調整してきます。
このような方におすすめ
リスク・副作用
個人差がありますが、疼痛や紅斑、腫れ、アレルギー症状などが数時間から数日間、現れることがあります。施術後1〜2日間は直射日光を避けていただき、外出される場合は日焼け止めクリームを必ず塗布してください。
料金表

 

施術内容、金額等のご相談がございましたら、右のボタンから、お問い合わせをお願いいたします。
お電話やメールでも、ご質問をお受けいたします。
TOPへ